×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

歯 ホワイトニング 市販

歯のホワイトニング 市販のリキッド|50万本販売の実力品

歯 ホワイトニング 市販

歯の表面を磨いただけでは、取れない歯の「黄ばみ」・・・ ここでは歯の「黄ばみ」についてお話させて頂きます。 そもそも、歯は三種類の違う性質の層から出来ています。表からエナメル質・象牙質、歯髄ですが、エナメル質はやや半透明です。 歯の「黄ばみ」はこの3つの層の複合的な色なのです。 この歯の色は人によって違います。それは、年齢であったりライフスタイルであったりします。 年齢で、というのは年齢を重ねると一番表にあるエナメル質が薄くなってきます。 中にある象牙質はもともとやや黄色みを帯びていますので、 全く健康な方でも、年齢を重ねると歯はやや「黄み」を帯びてきます。 「年なんだから、多少歯が黄ばんでも仕方ない。」といわれる方もあると思います。 しかし、加齢 → 歯の「黄ばみ」 であるあら、 「黄ばみ」のない白い歯 → 若い   といった図式は思い当たらないでしょうか? 実際、年配の方でも歯が真っ白ですと、若々しくハツラツとした印象で捉えられます。 これは、男女ともに言える事です。 加齢の他に「黄ばみ」の原因は、歯の汚れです。 歯の表面についたステインなどは、時間と共にエナメル質に浸透します。 タバコのヤニは特に着色しやすく、スモーカーの方に「黄ばみ」が強く感じられるのはこの為です。 元々、汚れが原因の「黄ばみ」。人は自然と黄色い歯を不潔な歯とイメージします。 白い歯は、若々しく清潔感がある・・・というのは「黄ばみ」のある歯はその逆をイメージしますね。

リンク集|123

Copyright © 歯のホワイトニング 市販のリキッド|50万本販売の実力品 All rights reserved